ikiru2010_cover

根本敬『生きる2010』

「それにしてもだなァ、裸の王様にゃ『王様は裸だ』っていつまでも云えねぇとだな、この日本という国にゃ今後の国際化の時代に向けて総てがマズいんじゃねえの?」「あ、ハァ…」

『生きる』とは村田藤吉という実に冴えず、みすぼらしく、声の小さい無力な男が、その善良さ故に悪辣かつ独善的な人間たちによって、破滅的結末に追い込まれてゆくその軌跡を描いた作品だ。村田藤吉は抑圧された現代人のスケープゴートだ。普通に読めばただただ憐憫を誘うエピソードの数々だが、この世界の不幸を一身に背負った彼はそれでも生きる……そして、死ぬ。これまでに全2巻の単行本や、一冊にまとめた増強版が刊行されているが、本作は80年代に『平凡パンチ』(マガジンハウス)に掲載されたものの単行本未収録となっていた全ての『生きる』、そして20年以上のの時を経て新たに描き下ろされた『生きる2010』10編を収録した二部構成の一冊となっている。

 こうして並べてみると……今の方が画が凄い。凄く、そしてより陰惨だ。20年前の『生きる』で村田藤吉が被る悲劇には悲しみがある。それはとても個人的な悲しみであったように思う。露悪的であるのは確かだけれど、どこか戯画的な軽さ(作画の軽さに由来するものでもある)があったようにも(いま読むと)感じるが、テン年代の『生きる』には、彼が小心者であるだとかそうした “個人の努力” の域を超えるような、抗いようのない大きな力が働いているような気がしてならない。小さな単位の社会 ―たとえば会社であったり近所付き合いであったり― のなかでチマチマと不幸な目に遭っていたものが、だんだんと裏で蠢く金が莫大になったり残忍行為がエクストリーム化していったりというように。それは悲劇と呼ばれるもののレベルがいよいよシャレにならなくなってきたということでもあるのだろうし、あらゆるものごとが解体、再構築、細分化されたと云われる現代が、実はより大きな局面に突き進まんとしているのではないかとも思わせる。

 そして何より驚くべきことに、『生きる2010』にはセンチメンタルなところがある。全編カラーで描かれた『ズボン塚の由来』では一本のズボンを共有する二人の中年の絆が描かれている。本来ならば絶対的な加虐者と被虐者であるふたりは、築50年のボロアパートの屋根の下、交代で日銭を稼ぎながら(なぜならズボンが一本しかないから、一日おきに交換して履くのだ)共に暮らしている。ある日、UFOを目撃したことが原因かはたまた偶然か、身体が黄金色に輝き始めた男。物語は動き始め、新鮮な喜びがもたらす照れ臭さに鼻を赤くさせる。結果的には二人は引き裂かれることになるのだが、光に満ち溢れたラストシーンは切なさと希望の兆しが湛え、これまでにはなかったような爽やかな読後感を与えてくれる。ここに来てこの舵取り……、いったい、どこへ向かおうというのだろうか?

Buy Now

生きる2010 / 根本敬
販売価格(税込): 1,365 円
A5判並製 172ページ
発行日: 2010/09/15