B2277-00

古泉智浩『青春☆金属バット』

退屈な郊外を舞台に、若者たちの煮え切らない日常を描いた作風で知られる古泉智浩の短編集。本作に収められた『路地裏のバッター』を原作に、2006年に映画化(監督: 熊切和嘉 / 出演: 竹原ピストル、安藤政信、坂井真紀 他)もされている。

クリスマスの夜に強盗を企む男たちの姿が描かれる『長い夜』。「ニューシネマ的」と作者が語るように、闇が下りた街に車を走らせながら、男たちの過ごすジリジリとしたやる瀬のない時間が描かれる。
『路地裏のバッター』は、高校時代は野球部の補欠だった木偶の大男、難馬にまつわる物語。「究極のスイング」を求めて、卒業後もアルバイトをしながら素振り練習を続ける難馬は、ある日、偶然出会った暴力的な酒乱の女、栄子に巻き込まれ、金属バットで強盗を働くようになる。一方で野球部のエースだったものの、肘を壊したために引退した石岡は警察官となっていた。やがて、難馬と石岡は数年ぶりに再会することとなる。「暴力、セックス、野球はマンガの華」(あとがきより)という言葉の通り、全体に内省的なムードが漂いつつも、静かな高揚感があり、読み応えのある一作。
その他に、いじめられっ子の高校生が聖火ランナーに抜擢されたことをきっかけに周囲の人間に復讐を働く『真夜中の聖火ランナー』、クリエイター志望を自称しつつ家に引きこもってばかりの青年を描いた『新しい絶望』が本作には収められている。

どの短篇にも、まっとうな人間は登場しない。そして彼らの抱えた問題は依然解決されないままであり、おそらくこれから先も酷い仕打ちに遭うであろうことが予見される。しかし、これは押し付けがましいお題目に沿った、勧善懲悪の物語ではない。この時この瞬間だけ、彼らは救われた。その一瞬の輝きが、何よりも大事なのだ。そのときが訪れてはじめて、くしゃくしゃになった青春は成仏できる。似たような無念を抱える人々は是非。

Buy Now

青春☆金属バット / 古泉智浩
販売価格(税込): 893 円
B6判並製
発行日: 2006/09/31