B-C-0019-00

ZAWA FREAKBEAT 『Private World volume7』

 パンクロックとパワーポップをこよなく愛するアラサーレコードコレクター、長野。同じアパートの住人である佐々倉雪子、斉藤と音楽という共通の趣味を通じて交流を深め、遂にスタートしたバンド活動。充実した毎日にすべてが順調に見えたが、長野の本職=サラリーマン生活の方で暗雲が立ち込める。バンド活動はいったいどうなってしまうのか……? というところから第七巻はスタートします。ま、二足のわらじを履くものには必ずといっていいほどついてまわる話ですよね。アラサーともなれば現場でもそれなりに責任を持たされて、働き盛りの時期だから、バンドやりたい思いはありつつもはりきって仕事に向かっていたと思うんですよね。そうこうしているうちに身体を壊してダウンしてしまうわけですが、そんな長野を救ったのが周りの仲間たち。バンドメンバーはもちろんのこと、会社の同僚も含めてですね。志をともにする仲間以上に、その外側の人間がどれだけフォローしてくれるか……フォローとはいわないまでも、道をあけてくれるかというのが、二足の生活を成り立たせるうえで実は一番重要だったりするんですよね。そのあたりはサラッと描かれていたけれど、良いなーと思います。

 長野と雪子のラブ展開も久々に匂わせつつ、いつもの感じで今回も終わります。もうすぐクライマックスなのでしょうか。見せ場となると来日バンドのライブシーンか雪子さんかのどちらかがいつも持っていってしまうので、長野のカッコイイところにも期待したいところです。

Official Site

Lostwomen

Buy Now

「Private World (7)」 / ザワ・フリークビート
販売価格(税込): 350 円
A5判 60ページ
発行日: 2013/08/18