箱庭の室内楽『EL TOPO』『即興曲』『11/16, 5/8』『絵』

2006年の結成以来、幾多のメンバーチェンジを繰り返しながら、精力的にライブ活動を続けているインディロックバンド、箱庭の室内楽。19世紀後半のクラシック音楽、ローファイポップ、プログレッシヴロックを主な影響源としてあげていますが、結果としてポストロックを彷彿とさせるギミック満載のリズムとサウンドプロダクションが 魅力のバンドだと思います(多岐に渡る活動のなかで様々な側面を見せているので、一概には言えないでしょうけれど。僕はソロで弾き語りをしてるときのハシダさんが好きです)。

で、これはその箱庭の室内楽の楽曲のバンドスコア(音源付)ですね。スコアとは、楽曲のすべてのパートのメロディやリズムが記載されている楽譜のことで、一般的にはギターやベース、ドラムなどといったロックバンド編成で演奏をしやすいように記譜されているものをバンドスコアと呼びます。バンドを始めたばかりの人は、こうしたバンドスコアを楽器屋で買ってきて、練習してコピーしたりするのです。

実際に楽曲制作をしているハシダさんによる解説および注意などが添えられており、コピーをしてみたい方は参考になるのではないでしょうか……。まあでも、これはなかなか難しそうです。5/8拍子とか11/16拍子とか、細かい音符の連続で目が痛い! 実際的な使い方をするより、譜面を見て「こういう風に楽曲ができているんだな〜」と、ひとつの読み物として読む方が面白いのではないかと、僕は思います。箱庭の室内楽の独特な世界観を持った楽曲たちの秘密に迫ることができるわけですよ! ハシダさんの解説も、どちらかというと演奏のアドバイスというよりかは、作曲上どういった工夫がされたかといった話寄りですしね。実際の音源CD-Rも付いています(しかも正式にリリースされている音源とは違うテイクの、レア音源なのでファンの方は要チェック)ので、CDシングルみたいなものとして捉えるのもアリです。

Official Site

箱庭の室内楽

Buy Now

「EL TOPO」(バンドスコア) / 箱庭の室内楽
販売価格(税込): 525 円
A5判 24ページ
発行日: 2011/11/27

「即興曲」(バンドスコア) / 箱庭の室内楽
販売価格(税込): 525 円
A5判 24ページ
発行日: 2011/07/09

「11/16、5/8」(バンドスコア) / 箱庭の室内楽
販売価格(税込): 525 円
A5判 24ページ
発行日: 2011/07/09

「絵」(バンドスコア) / 箱庭の室内楽
販売価格(税込): 525 円
A5判 16ページ
発行日: 2011/04/07